有次

Processed with MOLDIV

写真で見ると多少は味わい深く?見えなくも無いのでしょうが・・・

実際は どうしたらこんなに汚く出来るのだろう? と言った感じで

かわいそうやら 情けないやら。

これは 京都 有次の銅製の薬缶を母から譲り受けたものです。

せっかくのありがたい お薬缶に申し訳なく 「出来る限りで良いの

で」と修理をお願いしました。実は 今回で3回目です。

さすがに引き受けていただけるかどうか心配でしたが・・・

今まで通り 結果の見事なこと。

持ち手の籐の巻き直し

銅本体の磨き直し

薬缶内側の錫引き

見事です。感動します。

大切な道具を修理して最後まで使える。ありがたい事です。

有次京都

 

Processed with VSCO with a8 preset

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です